ローソク足を極める

こんにちはジンケンです。

今日は相場の理解を深めるローソク足について学びましょう。

前回の記事ではMT4の設定の仕方を解説しましたが、

「何をどう見ていいか分からない。」

「そもそもローソク足ってなに?」

と思う方もいると思います。

そんな方のために

ローソク足が形成される仕組みから、ローソク足の種類まで

解説していきますので

この記事で、ローソク足を極めてもらえたらなと思います。

【ローソク足とは】

ローソク足は、相場の値動きを図表として表したものです。

形がローソクに似ていることからローソク足と呼ばれるようになりました。

日本人が発案し、江戸時代から使われていたと言われています。

【ローソク足の仕組み】

ローソク足は“始値“高値”“安値”終値の4つの価格で1本が形成されます。

・新しいローソク足が生まれたときの価格 → 始値

・生まれたローソク足の中で到達した一番高い価格 → “高値”

・生まれたローソク足の中で到達した一番安い価格 → “安値”

・生まれたローソク足が完成したときの価格 → 終値

このような4つの価格で必ず1本のローソク足が完成します。

そしてローソク足には、

始値よりも終値高い陽線(ようせん)と、

始値よりも終値安い陰線(いんせん)の2種類があります。

図にするとこんな感じです。

また、

ローソクの始値から終値までを実体と呼び、

ローソク形成中の実体から伸びた高値と安値はヒゲと呼びます。

(実体から上に出たヒゲを上ヒゲ、下に出たヒゲを下ヒゲと呼ぶ)

《ローソク足の○分足》

チャートの設定で1分足、5分足と色々あると思います。

それは、ローソク足が形成されるまでの時間がそれぞれ異なり

単純に1分で形成されるのが1分足、5分で形成されるのが5分足となります。

バイナリーオプションは短期トレードがメインなため、

1分足、5分足、15分足を見るのが基本です。

【ローソク足の種類】

ローソク足には色々な形があり、

それぞれに名前や相場の方向性を示す意味を持っています。

・実体の長い陽線:強い上昇力を表している。

・実体の長い陰線:強い下落力を表している。

・実体が小さな線:気迷いを表している。

・実体が無い線:相場の転換点となる可能性がある。

・上ひげが長い線:上昇力がなくなり反落する可能性がある。

・下ひげが長い線:下落力がなくなり反騰する可能性がある。

ローソク足は相場の値動きで形成されるとお話ししました。

つまり、ローソク足は相場でトレードしている全員の心理で動いているのです。

よって、ローソク足を使って相場を分析することができるのです。

何本かの足を組み合わせて相場状況を判断する分析手法や、

同じ形の足でも出現する相場水準によって判断が変わる様な複雑な分析手法もあります。

具体的な分析手法は次回記事にしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では!

#バイナリーオプション #基礎 #初心者 #ローソク足

特集記事