ストキャスティクス

こんにちはジンケンです。

今回はインジケーター紹介の第三回です。

第三回はストキャスティクスについて解説していきます。

《ストキャスティクスとは》

ストキャスティクスとは、

チャートの過熱感を把握するためのテクニカル指標です。

相場の「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」を知らせてくれます。

ラインは早く動くラインと遅く動くラインの2本になっています。

ストキャスティクスは0から100の数値の間で動きます。

ラインがが20以下になると売られ過ぎ、

ラインが80以上になると買われ過ぎと判断するのが一般的です。

チャートが上昇して買われ過ぎになったら売り、

チャートが下落して売られ過ぎになったら買いという

逆張りトレードに使うテクニカルといえます。

相場環境さえ間違えなければ、

ストキャスティクスを使った逆張りトレードは非常に高勝率です。

《設定方法(MT4)》

挿入からインディケータを選びオシレーターからStochastics Oscillatorを選択します。

・%K

分析期間における高値から安値までの値幅の中で、

現在値が安値から何%の位置にあるかを表した値です。

「高値に近かったら買われすぎだよね」「安値に近かったら売られすぎだよね」

というイメージを持ってください。

”分析期間をローソク足何本分にするか”というところが

パラメーターで通常は14、9、5あたりがよく使用されます。

ちなみに、現在値が高値を更新している状態だと100%になり、

安値を更新している状態だと0%になります。

この意味合いを見ると想像がつくかもしれませんが、%Kはかなり激しく上下に動きます。

・%D

%Kの動きは上下に激しく動き、ジグザグに推移します。

それを使いやすくするために平滑化(≒移動平均化)したものが%Dです。

”過去の%Kの何個分を使って平滑化するか”というところが

パラメーターで通常は3が使用されます。

・%SD

%Dを分析するために、これをさらに移動平均化したものが%SDです。

以上が構成要素ですが、通常分析するときにはこのうちの2つが使われます。

%Kと%Dを使って分析するものがファスト・ストキャスティクスと呼ばれ、

%Dと%SDを使って分析するものがスロー・ストキャスティクスと呼ばれます。

いずれの場合も分析する際の見方は同じですが、

ファスト・ストキャスティクスのほうが激しく動いてサインが出やすい分、

ダマシも出やすくなります。

一般的には、激しい動きが平滑化されているスロー・ストキャスティクスが使われます。

設定画面の「スローイング」を

「1」にすると”ファースト・ストキャスティクス”となり、

「2」以上に設定すると”スロー・ストキャスティクス” となります。

MT4のストキャスティクスのデフォルト設定ではスローイングが「3」なので、

スロー・ストキャスティクスということになりますね。

ちなみに、%Dとスローイングはデフォルトの「3」で使用する方が多いようですが、

%Kはデフォルトの「5」以外に「9」や「14」にする方も多いようです。

計算方法

次に計算方法も確認しておきましょう。覚える必要はありません。 さきほど説明した意味合いになるよねという感じで、確認する気持ちで見ていってください。

%K=(現在値-過去のローソク足N本分の安値)÷(過去のローソク足N本分の高値-過去のローソク足N本分の安値)×100

%D=(現在値-過去のローソク足N本分の安値)の過去M本分合計÷(過去のローソク足N本分の高値-過去のローソク足N本分の安値)の過去M本分合計×100

%SD=%DのL本単純移動平均線

計算自体は自動でしてくれるので、計算の仕組みさえ頭に入っておけばOKです。

大事なのは%Kの意味合い。

そして、それを平滑化(≒移動平均化)したものが%D、

さらにそれを移動平均化したのが%SDということです。

《注意点》

ストキャスティクスは買われ過ぎ、

売られ過ぎの逆張りシグナルを出してくれるといっても

トレンドに逆らうシグナルは機能しません。

先程のチャートならレンジ気味の相場なので、

買われ過ぎで売りを狙い、売られ過ぎで買いを狙えばそれなりに上手くいっています。

これがトレンド相場になるとそうはいきません。

例えば、

下落トレンド中に売られ過ぎを示したとしても、

そんなことはお構いなしにチャートは下がり続けます。

売られ過ぎだからといって安易にHIGHエントリーしたら大ケガをします。

トレンド中だとストキャスティクスが

売られ過ぎ、買われ過ぎ状態のまま進んでいってしまうのです。

こういうことは”めったにない”ことではなく”しょっちゅうある”ことです

単純に買われ過ぎ/売られ過ぎシグナルだけをベースに逆張りトレードをしたら、

長期的には負けてしまいます。

ですので、

ストキャスティクス単体ではなく他のインジケーターと併用して使うことをオススメします

最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の記事でお会いしましょう!

では!

#バイナリーオプション #インジケーター #ストキャスティクス #基礎

関連記事

すべて表示
特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
​関連記事
バイナリーオプション無料トレード手法