サポートラインとレジスタンスライン

こんにちはジンケンです。

今日は基礎中の基礎のサポ・レジラインについてお話ししていきます。

《サポートライン》

サポートラインとは、

相場が下降してる時に、ある価格に近づくと

そこで何回も反発して元に戻され、多くのトレーダーから意識されているラインのことです。

下降する価格を安値圏で支えている価格帯なのでサポートラインと言います。

サポートラインにぶつかると相場が上方向に折り返しやすく、

サポートラインを超えると下方向への勢いが増す傾向があります。

何度かローソク足が跳ね返されている価格を結ぶとサポートラインが引けます。

《レジスタンスライン》

レジスタンスラインとは、

相場が上昇してる時に、ある価格に近づくと

そこで何回も反発して元に戻され、多くのトレーダーから意識されているラインのことです。

上昇する価格を高値圏で抑えている価格帯なのでレジスタンスラインと言います。

レジスタンスラインにぶつかると相場が下方向に折り返しやすく、

レジスタンスラインを超えると上方向への勢いが増す傾向があります。

何度かローソク足が跳ね返されている価格を結ぶとレジスタンスラインが引けます。

《サポートライン・レジスタンスラインの引き方》

サポートラインとレジスタンスラインを引く作業は簡単です。

まぁ、複雑にすればいくらでも複雑にできますが、その必要はありません。

誰が見ても明らかなポイントにラインを引けばいいです。

こんなふうに考えてください。

もしあなたがチャートをパッと見て簡単に引けるラインなら、

他のトレーダーも同じポイントにラインを引いているでしょう。

結局、みんなが意識しているラインだからこそ、そこで価格が反応するのです。

だからシンプルに考えて、パッと引けばいいです。

大切なことは、

誰もが引いていそうなラインを引くことと、

あまりたくさんのラインでごちゃごちゃにならないようにすることです。

チャートをシンプルな状態にしておくことはトレーダーにとってとても大切なことです。

いろんなラインを何十本も引くようなことはしないでください。

ローソク足を読む感覚が鈍ってしまいます。

また、サポートラインやレジスタンスラインに完璧さを求めてはいけません

それらは重要なエリアです。過去の値動きで価格が反応したエリアです。

一本の細いラインを引いて、

そこで寸分の狂いも無く完璧にチャートが反応することに期待してはいけません。

そうではなく、その辺りをエリアとしてとらえ、

「ここら辺がまたサポートライン・レジスタンスラインとして意識されるだろうな」

ぐらいに考えおくことが重要です。

《サポートライン・レジスタンスラインの性質》

サポートライン・レジスタンスラインでは価格が反転しやすいとお伝えしましたが、

ほかにもう一つ覚えておいてほしい重要な相場の性質があります。

それは、

サポートラインがレジスタンスラインに、

レジスタンスラインがサポートラインに変わる性質です。

一旦サポートラインかレジスタンスラインを明確にブレークアウトすると

それぞれのラインが手のひらを返したようにその役割を変えます

どういうことかというと、

サポートラインを下にブレークアウトすると、

それまでサポートラインとして機能していたラインが

レジスタンスラインとして機能するようになります。

レジスタンスラインが上にブレークアウトすると、

それまでレジスタンスラインとして機能していたラインが

サポートラインとして機能するようになります。

下のチャートでは、レジスタンスラインとして機能していたラインが、

上にブレークアウトした途端に手のひらを返したようにサポートラインに変わっています。

相場ではこのような値動きが何度も何度も繰り返されています。

とてもシンプルな原則なのでチャートを眺めてみると、いくらでも例が見つかります。

この性質を使ったトレード手法を含めたロジックコンテンツを現在製作中です。

何を参考にエントリーしていいか分からない方は是非参考にしていただけたらなと思います。

初心者さん必見です!楽しみにしててくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では!

#バイナリーオプション #初心者 #基礎

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
​関連記事
バイナリーオプション無料トレード手法